スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの山仕事

21日(日)は久しぶりの山仕事。
「野崎・飯盛の山と緑を保全する会」の活動に参加。
「野崎・飯盛の山と緑を保全する会」は「公益社団法人 大阪自然環境保全協会」内のグループ。
大阪府大東市の飯盛山、野崎観音や専応寺、おんばふところ などで
間伐、下草刈、炭焼きなどのボランティア活動をしています。

昨年9月の足のけがもありましたが、
それ以前から都合がつかず参加していなかったので本当に久しぶり。
前夜はほこりを被ったヘルメットを洗い、鉈や鋸、地下足袋のチェックをし、
朝は早起きして弁当を作ってお出かけ。

小学生が植樹をするそうで、その準備で斜面の整備です。
中央にロープを垂らして上り下りの補助にしようというくらいのところ。

里山の会_植樹準備_斜面上から撮影
上から見た写真。
それほどでもないように見えますが、実は結構な斜面。


里山の会_植樹準備_斜面上切り株処理
斜面の途中で切り株の処理をしているのが会長。
後ろ姿でわかりませんが、チェーンソーで太い切り株と格闘

この後、お楽しみのお昼は持参の弁当と会長の奥さんに作って頂いた豚汁。
地元のだんじりが繰り出す秋祭りと重なったので早めに活動は終了。


里山の会_旧国道170のだんじり
山から下って出会った東高野海道(旧国道170号)を進むだんじり。
大阪のだんじりは岸和田が有名ですが、
大東市のだんじりも相当歴史が古いそうです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スキー場も命がけかも

冬山の下山でスキー場を下ったことがありますが、その時初めてスキー場の斜面の怖さを知りました。
スキー場まで来たからとアイゼンをはずしていたのですが、
付け直してピッケルを握りしめて降りた覚えがありますから!

それにしても、こんな斜面じゃ小学生の植樹は大丈夫か少々心配。

それはともかく、月に一度のボランティア活動では広いお山に対して「焼け石に水」のよう。
全く人手が足りません。
せめて子供たちにとって少しでも良い体験になればと願うばかりです。

川越まつりは有名ですよね。
確かに人出の多いお祭りでは小さな子供さんを連れて行くのは危ないし、
子供の背丈じゃ人ごみであまり見えないだろうし・・・。
takちゃんがもうちょっと大きくなってからですね。



No title

すごい斜面ですねえ!!!実際に立つともっとその角度を感じるんでしょうね。なんかスキー場を思い出しました。

みなさんのこういう活度のお陰で森林が保てるんですねー。
子供たちが植樹するっていうのもステキな活動でいい勉強になりますね。
子供には自然に触れ合うのが大事だと思います。

こちらも川越祭りというのが土日かけてありました。家康公と関係のあるこの土地のお祭りということでそれはそれはすごい人です。
なので行ってません(笑)
子供が大きくなってからじゃないと無理な感じです・・。
プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。