スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Atmel Studio 6 はじめの一歩

自分自身の忘備録として。
また、私と同じように初めての Atmel Stidio 6 に戸惑っている人のために。
(こんなことで戸惑っているのは少数派かもしれないけれど。)

Atmal の AVRマイコンの統合開発環境 AVR Studio がいつの間にやら Atmel Studio 6 になっていた。
仕事で使っているパソコンのバックアップとして別のノートパソコンに同じ開発環境を作ろうと思って Atmel のサイトからダウンロードしようとしたら AVR Studio が見当たらず、代わりに Atmel Studio があった。

仕方がないので Atmel Studio 6 をダウンロードしてインストール。
立ち上げてみると画面の様子が大きく違う。
この手のソフトについてセンスの良い人だとか、英語に強い人なら何の問題も無いかも知れないけれど、私はここで固まってしまった。
ほんとにこの手のことは苦手なんですよ。

で、とにかく新しい Project をつくるには、
最初に現れる「Start page」の左にある「new project」をクリック。

ここからは「私が今回やりたいこと」=「C言語でATmega168Aのプログラムを作る。」の場合。

新しく開くWindow 「new project」の中で「GCC Executable project」を選択。
プロジェクトの名称(フォルダーの名称)を入力して、その場所を指定。

CPUの候補の中から目的の ATmega168A を選択したらあとは勝手にプロジェクトファイルを作ってくれて
エディターも開き、Cの記述の始まりと終わりの定型文が用意されているといった具合。

今日はここまで。

それにしても重たいソフトのよう。
AVRStudio に比べて息継ぎが多いきがする。(一応Corei7とメモリーたくさんなんだけど)
AVR以外にも多くの種類のCPUに対応したためなのかもしれないけれど、馴染んでいるAVRStuidoのほうが良かったなぁ。というのが今日の感想。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おひさしぶりです

ななこさんへ
コメントありがとうございます。
長い間放置していましたが、ポツリポツリとブログの更新をしていこうと思います。

お忙しそうなので、無理の無いようにのぞきに来てくださいね。

ところで、以前教えて頂いた「鍛高譚」。
もちろんおいしくいただきました。
で、先日近所のスーパーで鍛高譚の梅酒バージョンがあることを知りました。
次の機会にはこちらも試してみようかと思っている次第☆☆☆

紫蘇と梅って・・・・もしかして梅干味??

ご無沙汰しております☆

ニシキさん☆☆☆
お元気そうで何よりです!!!
私も新しいことを始めたり、あれこれと忙しい日々を送っていて、コメント活動はお休みしていまーす!
でもblogはチェックさせていただきますので、また落ち着いたらよろしくお願いします!
祝☆blog復活
プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。