スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATtiny10書込みソケットその後

クマムシCPU ATtiny10-TSHR 書込み用ソケットのその後です。

少し前に海外から取り寄せたSOT23-6用アダプタソケット。
SOT23-6ソケット外観

間抜けな多段基板の下層を取り外し、少しでも高さを抑えようとしたのですが、
更に間抜けなことに、ピン配列の幅が2.54mmピッチ上に無い。
ソケット基板分解

ソケット基板分解


これではユニバーサル基板に取り付けられないので断念して元に戻しました。
(この時点で相当精神的疲労増)

気を取り直して元の姿に戻し、ユニバーサル基板に仮付したところがこちら。
ソケット側面

と言うわけで、電源用のDCジャック、電源スイッチ、電源モニタLED、コネクタ等を取付。
書込み用インタフェースには、ISP ではなくて、TPI(Tiny Proguraming Interface)なので、接続ピン数が1本少ない。
ATtiny10書き込み機

プログラムの書き込みにはパソコンとAVR Studio、AVR ISP MkII。
ATtiny10書込みセット

これでATtiny10-TSHRにプログラムを書き込めます。


というわけでATtiny10の利用例画像はこちら。
ATtiny10使用例

これが何なのかは仕事にかかわるので な い しょ。

20130912追記
 ソケット単体を入手してそれ用にパターンを起こし、アダプターを作りました。
 回路図も基板サイズも出していますので、興味がある方は2013年09月12日付
 ブログ記事を参照してください。

20141207追記
 2013年9月の書込みアダプターの後継機種はこちら。
 ATtiny10-TSHR 書込みアダプター Nim01-0008 (12V消去機能対応)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。