スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATtiny10-TSHR の プログラム書込み用ICソケット

ATtiny10-TSHR

仕事でAVRマイコン ATtiny10-TSHR を使うことになりました。(しました。)
電池駆動で小型に作るため、また、A/Dコンバーターも入っていると言うことで選定。
入手先は秋月電子通商。

パッケージが SOT23-6 というタイプ。
SMTで、ピンのピッチが0.95mm。
(20120211追記 こうして見るとクマムシみたい)


小さくていいのですが、プログラムの書き込みが困ったちゃんでした。
開発途中は秋月のSOT23変換基板を使うにしても、後々基板を起こした時にどうするかという問題。

SOT23変換基板

書込みのために製品に6pinのコネクタを付けるのも如何なものかというところです。

WELLS-CTI のICソケット 499-P44-10 を入手すればいいのですが、国内で購入しようとしたらとんでもない値段。
あるところでは5万円を超えてる(@_@)
デジキーでも単体では見当たりませんでした。

そこでネットで海外から探し出したのが SOT23-6 を DIP に変換するアダプター。
ここに使われているのがほぼズバリのソケット。(0とPとか末尾が00と01の違いがあるけど)
下の基板は必要ないのですが、くっついているものは仕方が有りません。

SOT23-6  ICソケット

SOT23-6  ICソケット

SOT23-6  ICソケット

着荷したばかりなのでまだ手を付けていませんが、これを使って書込み器を作ります。
請うご期待。

ご要望が多ければ基板を起こして販売できるようにしようかな。

追伸 
AVR Studio 4.19 のツールチェーンにあるCコンパイラはATtyny10でグローバル変数が使えません。
コンパイルしてもエラーが出ないのでなかなかわからず困っていました。
いろいろやって、どうやらグローバル変数がおかしいと気づいたら、
こちらのサイトにも記載が有って一気に解決しました。
http://d.hatena.ne.jp/pcm1723/20111221/1324419118
感謝、感謝です。

20130913追記
 このぶさいくなアダプターで書き込み機を作りましたが、後にソケット単体を入手して基板を起こして
 改めて書き込み機を作りました。
 回路図も公開しているので興味がある方は2013年09月12日付のブログを参照してください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。