スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古都コトきょーと!

とっても「素敵な夜景がたくさん」のサイトのご紹介です。
メインは京都の夜景なのですが、守備範囲が広がってきて私の地元 大阪府大東市まで含まれていました。
というわけでご紹介。

古都コトきょーと!

私がホームページやブログを始めたばかりの頃、
たまたま見つけた別のサイトを経由して知り合った「たっくん」のサイトです。
ホームページのことについてもいろいろ教えてもらっています。

写真そのものが素敵なものばかりなのですが、サイトのデザインもとってもセンスがいいです。
おすすめですよ。

追加20120211
ブログ 「京都の夜景~穴場夜景~」
 のリンクも追加します。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かるかんさんへ

ブログ、更新できずにご無沙汰してました。

タヌキを化かしたと自負しております(笑)
どっかで化かされていても気が付いてないだけかもしれませんが。

2時間で行って帰ってくることができる山ということは、私の地元の山と同じくらいですね。
それくらいの山だと、きっとケモノ道もあるとおもいます。
慣れるまではなかなかわかりませんが、慣れてくると道が見えてきますよ。

緑が芽吹くまでの間は見通しが良いので動物や鳥の観察には良い時期です。
直接姿を見ることが出来なくても、足跡や糞などで気配が分かるかも。
木々の冬芽も寒いうちから春の用意をしていますよ。

身近なところに通ってよく見ていると、遠くに行ったときには地元との違いに気が付いたりするので面白いです。

骨を愛する獣医さんのブログには、動物の写真がいっぱい出ているので、後でご紹介します。

こんにちは

ニシキさん

ご無沙汰してるのに、いきなりすみません!

遮断鉗子さんのブログでも書きましたが、そういうわけでとても感動したんです。山のなかにひとりで泊まれるなんて。しかもタヌキにも気づかれないなんて(笑)

なんだか刺激をうけちゃって、車で3分しかかからない、最寄りの山の入口まで行っちゃいました。(笑)

鳥獣保護区との看板をみつけて、野鳥がたくさんいるかなあなどとわくわくしてきたところで
電話で家から帰れコールが入ったので、泣く泣く帰宅しましたが、それでよかったかもです(笑)

心と体の準備をしてから行ったほうがいいと自分でおもいました。。

その山は、二時間くらいで降りてこれる初心者にはちょうどよいハイキングコースになっていて、3つくらいコースもあるみたいなので、まずはここから気軽に自然に親しんでみたいとおもいますが、どこで教わるかはまだ色々調べてみてるところです。

今年はダンスと自然で、自分がどう変わっていくことやら楽しみです。笑


京都の夜景も、見せていただきました。とても綺麗でほんと癒されました。ありがとうございます。

夜の飯盛山

たっくんへ
大東市の夜景を気に入っていもらえてうれしいです。
夜の飯盛山へ一人で行くのはちょっと勇気がいるかもしれませんね。
私は動物やフクロウなどを調べるために一人で何度か飯盛山で夜明かしをしたことがあります。
そういえば夜景もきれいだったなぁ。
頂上で、じっとして気配を消しているとタヌキが気付かずにほんの1~2mのところを歩いて行ったことも・・・
フクロウの声も聞こえたりします。
天気が良いと明石大橋も見えることもあるので、もしかしたら夜景でも条件が良ければ見えるかも。

暗い夜道で事故や怪我が無いように気を付けてくださいね。
これからも素敵な夜景の画像を楽しみにしています。

No title

わざわざご紹介頂ありがとうございます!
大東市の夜景は本当にすばらしいですね。
飯盛山夜景が代表的ですが、大東市に入ったのが夜中なので怖くて行けませんでした笑
プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。