スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EAGLE と HAWK 骨 と ドイツ

珍しく寝つけないので、更新できなかったブログを更新しようと思いつつ、でも、新たに文章を考える気力が無いので、コメントからこちらに一部コピーして加筆です。(会議だから寝とかなきゃいけないのに)

いま、仕事の日程が詰まってきてブログのチェックや更新の頻度が低下してますのでご了承ください。

ところで先日来、朝から晩まで使っている CAD (パソコンで設計をするソフト) は英語版なのですがドイツの会社が作ったものです。
日本語の文字を入力できないという残念な部分はあるものの、このCADなしでは今回の仕事はできないところでした。
ここにコメントをいただくガールズさんたちは日本在住ですが、ドイツつながりですよね。
なんだかドイツには縁があるみたいです。

このCADの名前はEAGLEというのですが、日本語にすると鷲。
鷲と鷹の区別って一般にははっきりしないような。
で、ブログつながりで鷹匠さんとも知り合い、そのつながりで骨を愛する獣医さんとも知り合いました。
実はその獣医さんは「なにわホネホネ団」をよく御存じで、
その「なにわホネホネ団」は私も無関係ではありません。
(私は団員ではありませんが)
なんだかちょっとずつ関連があるようなないような。
縁は不思議なものですね☆

さらに、先に登場した愛媛大学のH鷹さん。
鷲/鷹つながりであることに気付きましたが、

更にさらに、
骨を愛する獣医さんは知床と藤沢にお住まいだったことがあると先ほど発覚。

もう10年以上前のことですが、私は真冬になると知床へ写真を撮りに行ってましたし、
藤沢のお隣の寒川に住んでおりました。

おまけに、当時問題になっていたオオワシ、オジロワシの鉛中毒問題で、
北海道の国立公園内で鉛中毒になったオオワシを初めて見つけたのは私でした。

なんだか不思議なドイツ鷲 鷹 骨 のご縁です。

さて、ななこさん、ガールズトークレクチャー、次のステップお願いします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

笑いました

すずさん
ななこに飲まれるなら酒飲むなーってかなりウケました(笑)


ななこさん
ミナミの帝王の竹内力!!
最高のほめことばですね。ありがとうございます(笑)

でもたしかに女性の京都弁ぽいのがいいですね☆

ちょっとトライしてみるので、教えてください。



ニシキさん
勝手にまとめたのに、しかもたいした結論ではないのに、めずらしくお見事などといわれていい気分でした。笑。ありがとうございます♪


ありさんから、カマキリやカナブン、神社の芋虫。どれもとっても面白いエピソードでした(^_^)

打ち上げ花火!

はい。毎日カーニバルのななこです☆ぱふ

☆かるかんさんへ
関西弁、とても上手ですね!ツッコミどころがありません!あえてツッコむとしたら、なんとなく男性的な関西弁かな?ちょっとだけ「ミナミの帝王」の竹内力っぽいです(笑)
関西弁の中でも、女性の京都弁は人気ありますよ!特に東日本出身のメンズには好評です。合コンの際には是非〜!

☆ニシキさんへ
そういえばカマキリの赤ちゃん、小さくて可愛いですよね!すっかり忘れていました。
やっぱりニシキさんは心優しいガールズですね!

☆すずさんへ
授乳中じゃなければ、さっそく忘年会の申込させていただきたいところです。残念!

No title

新しい言葉。

「ななこに飲まれるなら酒飲むな」

ななこさん、飲んだら打ち上げ花火があがりそうなくらいトークがはじけそうだね!!
楽しそう~!!

ここにも虫好きが

ななこさん
なかなかやりますね。
カマキリの赤ちゃんは卵から出てくるとびっくりするぐらい沢山ですよね。

それにしても「飲まれろ~!」って・・・
恐れ入りました。<(_ _)>

もう一声いいですか?

すっかり出遅れた、ななこです☆
私はカマキリが大好きで飼っていました。蝶やトンボを捕まえて餌に・・・。アリの巣も破壊しましたね。今では虫見るのさえも少し怖いです。
はい。すずさん派です。

酒好きなところも、すずさんと同じ〜!
でも私、酒を飲んだら飲まれろ〜!派です (笑)

おみごと

かるかんさんへ

きれいにまとめて頂いてありがとうございます。 <(_ _)> (^_^)

遅くなりましたー

またまた私ついていけてない〜(*_*)

えっと、

虫や動物たちと触れ合うことで命の大切さを学び、


酒を飲むなら飲まれるな。


この二つですね!?
ふたりともありがとうございます☆

昔、叔父から「酒に飲まれるなら飲むな」と教えられました。子供の頃ですが…(*_*)

頭はボーッとしますがあまり寝坊はしないですね、せっかちな性格なので(^^ゞ


私とかるかんさんの光景!すごいリアルなんですけど(≧∀≦)面白すぎます、ニシキさん!
私もやりましたよ、蟻の列を乱すの!お菓子置いて群がるのを見たりパニックにさせたり。時間忘れて遊んでました(笑)

目に浮かびます

小学生のすずさんが虫にちょっかいを出しているのを、おなじく小学生のかるかんさんがハラハラしながら木の陰から見ている風景が目に浮かぶようです )^o^(

私もやりましたよ。
アリの行列の通り道を横切って指で線を引くと、臭いが途切れてしばらく行列が混乱するのを観察したり、砂糖を少しだけ置いてアリが集まってくるのを見たり。

高校生の時、自転車旅行で神社の境内で野宿したら背中に大きな芋虫が入り込んでパニックになったこともありました。
忘れられない思い出です。

すずさん、そんなに飲んだにしては夜遅かったのに早起きですね。

No title

話題が「昆虫」になってますが・・・。

私は蟻の巣を壊すのが楽しかったです(笑) 巣穴に砂を入れたりしてそこで慌てふためく蟻を見てるのが楽しくて・・・。

かるかさんは優しいね。今も優しいままだし素晴らしい!
(言う必要ないと思うけどちょっと今朝は二日酔い気味・・・)

あー、あと、かなぶんの足に紐つけてブンブン飛ばして遊びました!

今はもう虫はだめかも・・。

ペロペロッ

かるかんさんもアリさんの巣を心配する心優しい女の子だったんですね。

カナヘビってヘビじゃないのに紛らわしい名前ですよね。
トカゲはきらきらと光沢があるのに、カナヘビは地味なんですよね。

カナヘビやトカゲ、カエルやトンボ、小魚などなど、希少種はこまりますけど子供の時はいろいろ捕まえて遊んだほうが良いと思いますよ。
きっとそんな遊びは子供たちが命の大切さを学ぶ大切な経験になると思います。

怖くない怖くない

すずさんへ
こわくないですよ~ (^_^)/
虫が怖いとか、気持ち悪いっていうのは大人の感覚ですもんね。


そうそう、たいていの生き物は大丈夫ですけど、命にかかわる毒を持っている生き物や寄生虫なんかもいますから、お子さんの外遊びの際は地域の情報収集をしておいたほうが良いかもしれませんよ。
もう寒くなったので大丈夫ですけど、この秋は私の知人が何人もスズメバチに刺されてました。

蟻も見てると楽しいです

よかったすずさん!
蟻の巣に水をかけたりする子を見ると心苦しかったなー。


カナヘビって、ヘビではなくてトカゲの名前なんですね。野生保護のため採集はさけてほしいとネットでみましたf^_^;反省。


ところであのう、ニシキさんがペロペロって言ってしまわれると、イメージがニシキヘビになっちゃいますよー!?

トカゲの天敵の項目に蛇って書いてあったのでウケました(笑)

私は…

子供のころ、蟻が友達でした………………!
こわっ(>_<)

私も小学校の頃に

かるかんさんへ
私はカナヘビが大好きでした。
けっこうかわいい目をしているんですよね。
暖かくなったら探してみてくださいね。☆ペロペロッ

身近なとこで

そうですね!身近で探してみます☆

そういえばわたし小学低学年の頃、
重傷なトカゲloverだったんですよ(^_^)

それこそ石垣にトカゲがいるのをみて、そっと手を差し出したら、ぺろっと指を舐めてくれたんです!
そのあと逃げていきましたけど


そのときめっちゃ感動して、トカゲ採集に励んだのを思い出しました。

誤解の無いように

ななこさんへ

書き忘れていましたが、
私は英語とか外国語は全く駄目です。
辞書と翻訳ソフトに頼りっぱなしです。

関西と関東の言葉ならバイリンガルですけどね。

でもね、前にもどこかで書きましたが、関東の人と関西の人と一緒に話をすると私のイントネーションはグシャグシャニなってしまいます(T_T)

うゎー、ついていくのが大変

コメントを一つ書いている間に、かるかんさん と すずさんからコメントが入っていました。
私は文章を書くのが遅いので....

かるかんさん

私こそついていけないです~。
仕事はちょっと一区切りです。(まだまだ続きますが)
私は若いころは遠くのスケールの大きな自然にばかり目が向いていたのですが、
案外身近なところにも野生の生き物たちがいることを知ってから、遠くばかり見ないで手の届くところも大切にしたいと思うようになりました。
道端の草花や、電線に止まっている小鳥、石垣のトカゲや、里山のタヌキなんて身近な生き物たちの存在を少しだけ気に掛けるとなんだか世界が広がったような気がしてきますよ。
是非、お子さんと一緒に目を向けてみてください。

すずさん

北海道の雪解け頃は、景色としては一番残念な頃かもしれません。
ちょっとだけ時期をずらすと、真っ白な世界か、新緑。
夏は緑がいっぱいだし、秋は紅葉も楽しめますよ。 

孫悟空の頭の輪

孫悟空の頭の輪の名前は「緊箍児(きんこじ)」というそうです。
孫悟空が暴走しそうになると三蔵法師が呪文を唱えてきりきりと締め上げるというあれ。

ななこさんにとって、関東の言葉はパワーを抑えるための頭の輪みたい?
でも、自由自在に使いこなす如意棒(アメちゃん)はお持ちのようなので、大阪パワーはまだゼロにはなっていない様子。

四捨五入をするともう50歳の私ですが、バスでおばちゃんに席を譲ったらアメちゃんをもらってしまいました。
大阪のおばちゃん恐るべし!

是非、ななこさんには頭の輪を外して頂き、関東で笑いの渦を巻き起こし、歩きたばこのおじさんを叱りつけ、
おおさかのおばちゃんパワーを世に知らしめて欲しいところです☆

ありがとうございます

コメント追いつけてなくてすみません(笑)

ニシキさん、お忙しい中、野性動物について丁寧に教えてくださりありがとうございました!


いまのわたしの心境を関西弁でいうと、えらいお話聞かしてもろうて、うまい言葉が見つからへんのや。
で、合ってますか?(なんだかタメ語ですみません。笑)


はい!まずは知ることから、ですね!ありがとうございます(^_^)

ほんとそうです。動物が好きといっても私達は普段はペットとしての話しがほとんどです。


野性動物は厳しい自然のなかで体ひとつで生きていて、次の世代に命をつないでいるって、ほんとすごい。

それこそ私にとっては大自然や野性動物の世界は深淵なる別世界。といいたくなりますが、違うのですよね。

ぬくぬくと暮らしてる私や息子やプニちゃん(ハムスターです)も、厳しい自然で生きてる野性動物も、おんなじ地球で生きているのに、別世界だと思って知らないでいるなんてありえへんのやなあ。と、そんなふうに思わせていただきました。


野性の健康なる美しさ!わたしも目指したいです(^^ゞ
また来年は野性動物を見に自然のなかに行ってみたいです。ありがとうございました☆


ななこさん、わたしの大阪弁間違ってたら遠慮なくツッコんでくださいね(^^ゞ
ではでは失礼いたします

No title

あーー!飴ちゃん!!
ななこさんも?!
噂には聞いてたけどこの間大阪行ったときに遭遇しましたよ!ほんとに飴が出てきたんです・・・!!!
こ、これが!とちょっと感動~。
でもコミュニケーションの手段能力の高さはすごいなと思いましたけど。


ニシキさん、
北海道、大自然を感じるのにまた行きたいです~。GWの美瑛には花は無く・・・、釧路湿原も茶色で・・・、「イメージ写真」をパンフレットに載せてる意味がよくわかりました。
でもまた行きたいです!

そうなんです!

関西弁封印していると、言いたいことを頭で一旦変換するので、かなりストレスたまります。
外国語を使いこなしている方々が身近にたくさんおられますが、尊敬しちゃいます!
(ニシキさんも使いこなしてらっしゃるはず☆)

私の場合、頭が悪いのか、両親や祖父母がコテコテすぎたせいか、加齢か、全部か、何だかわかりませんが、もう5年も東京にいるのに変換にかなり時間がかかってしまいます。笑いにおいても絶妙の返しができないし、歩きタバコのおじさんを叱りつけるタイミングを逃したり、イラっとしても言い返せないし、何て言うのでしょう・・・決めゼリフがいまいちというのでしょうか。
周りに標準語を話す人がいないので、お手本がないのも痛いところですが、せっかくのチャンスなので完璧に使いこなしたいと思います・笑


それと、かるかんさんにお送りしたグリューワインですが、「KALDI」という店で購入しました。
ニシキさんのご近所のイオンモールにも入っていますよね!機会あれば、チェックしてみてください。
いまクリスマスぽい商品がたくさんあるので、お嬢さんは大はしゃぎのはず☆


北海道、いいですね~☆
食べ物も人も自然も素晴らしいと思います。
友人の結婚式と、仕事で数回行きましたが、知床は行ったことがありません。
息子はずっと引きこもり生活なので、早く自然の中で遊ばせてやりたいです。
知床目指して頑張ります!!!


そして大阪のおばちゃんトーク、負けませんよ!!!
既に「飴ちゃん」持ち歩いていますから~(*^^)v

ではまた、お仕事の合間に~(^_-)-☆

野生の動物にできること

かるかんさんへ

「人間よりも動物のことをいつも考えている」人って、それはかなり重症かも(笑)

私たち一般人が野生の動物に対してできることは、まずは知ることだと思います。
ペットや家畜と野生の動物は分けて考えなければならない部分もありますよね。

私たち人間は、特に日本では、着るもの、住む場所、食べるものが無いと生きていけませんが、
彼ら野生の生き物たちは体一つで自然の中で生きて、命を次の世代につないでいます。
そして、基本的に健康な野生の生き物は美しいものです。
(健康でないと生きていけませんし。)

何も持たずに山の中、砂漠の真ん中、雪原にポンッと放り出されたら、私なんかすぐに死んでしまうかもしれません。
そういう意味では、小さななネズミにさえかないません。
観察会などで捕まえた小さなネズミを見ても 「こいつらすごいなぁ」 と思えてきます。
私は何にも知らない頃は、「あ、ネズミがいる」とか「かわいいなぁ」というくらいにしか思っていませんでしたけどね。

お許しください

ななこさんへ

関西弁を封印!
ストレスたまりませんか?
私の同期生は、関東の言葉に馴染めなくて地下鉄で殴り合いのけんかになったという人もいました(笑)

ガールズトークはレッスン卒業?
コミュニケーション能力が高いとか、エクセレントなんて言われたことが無いのでオロオロしてしまいます\(゜ロ\)(/ロ゜)/
つぎの生徒さんは遮断鉗子さん? chiptanさん?

ガールズの深淵な世界 (@_@)
それこそ私にとっては全く未知の世界。
私がリーダー???
<(_ _)>どうかお許しくださいませ。


かるかんさんへ

どうか重ねてガールズリーダーはお許しを <(_ _)>
120越えも勘弁してください (T_T)

itokeiさん助けてー
と言いたいところですが、このひともガールズ側の人でした。



それはそうと、本当に北海道は冬がおすすめ。
お子さんたちの心臓がよくなって、遠出に困らなくなったらおすすめです。
ときどき、吹雪で交通機関が止まってしまうこともありますが、
一晩で主要道路は除雪されるので予備日を考えておけば安心。
北海道は建物の中はポカポカです。
雪遊びなら安物のスキーウェアがあれば困りませんし、
おいしい食べ物もいっぱい。
知床なら、野生動物の気配もいっぱいです。


それにしても、ちょっとブログのチェックが出来ないと危ない危ない。
私がガールズリーダーになったら「大阪のおばちゃん」じゃないですか!

あぁ、仕事はまだまだ続きます。(でも、ちょっと楽しい)

超出遅れました

こんばんは

ニシキさん、お仕事のほうは少しは落ち着かれましたでしょうかm(__)m


いま、ななこさんからしばらく前にいただいた、ラプンツェルという素敵な名前のグリューワインをいただきながらコメント書いてます☆

ほんのり甘くてとっても美味しいです。ななこさんありがとう♪

すこし体調崩しかけてましたが、これで体も心も暖まって、元気で乗り切れそうです。


骨を愛する獣医さんは、野性傷病保護に励んでおられるのですね。素晴らしい方なのでしょうね!頭が下がります。
ニシキさんの獣つながりには足元にも及ばないのですが、わたしの友人にも人間より動物のことをいつも考えていると言う動物好きな子がいて(それもつい最近わかったことなのですが)なんだか私達も動物達のために何か小さくてもできることがないかなあ、なんて思っちゃいます。


北海道には行ったことがないのですが、北海道の大自然のお話し、美しくて素晴らしくてとても感動しました(^_^)


ところで、ななこさん。ガールズの世界には色々と・・・。

うん。あるかもねー(笑)


なんてf^_^;わたしは田舎だからか未熟だからか、そこまで激しい世界は経験がなく・・(笑)もしかしてななこさんは女子校出身とか、女性だらけの職場だったとかですか?大変勉強になります♪ドキドキ。

ニシキさんがリーダーなら安心です!よろしくお願いいたしますm(__)m


毎日が120越えのかるかんより(笑)長々とコメント失礼いたしました。

出遅れ☆

ナニワ出身のななこです☆
東京では標準語の方が、何かと無難に進むので、なるべく大阪弁は封印しています。特に、数字のイントネーションはかなり違うので、確実に聞き直されます!!!
関西人の1から10の数え方、独特ですから〜(笑)

それはそうと、ガールズトークのレッスンですが、ニシキさんが優秀すぎるので、これ以上思いつきません!

記号も絵文字も完璧だし、コミュニケーション能力は高いし(ご自分では謙遜されていますが)、話題も豊富で、笑いもあって、申し分ないです!エクセレントです!


という訳で、最後に一つだけ極意をお教えしますね☆

実は、ガールズの世界は色々あってややこしいのです。
私の考えるに、ガールにはサッパリ系とジットリ系の2種類います。サッパリ系はメンズに近い性格ですが、ジットリ系ガールは、まさに「憎悪の100超え〜」です!
このジットリ系ガールに、何度か出会ったことがありますが、本当に怖いです。

そんなガールがグループ内にいたら、ニューフェースはとりあえずターゲットにされます!
そんなことがないように、まずリーダーにご挨拶しておくと、完璧です☆

ガールズグループには必ずリーダーがいます。誰が決めた訳でもないのですが、必ず存在します。
「皆から信頼されるお姉さん」の場合もありますが、いくつかの派閥があったり、女王蜂のように一人で君臨している場合もあります。

リーダーは、一番年上の人、その場で一番古い人、一番活動的な人、めちゃめちゃ意地悪な人など、色々です。

って長々と書きましたが、ここでは誰がリーダーだと思いますか?


は〜い☆正解です!
ニシキさんです!!!


これからはガールズリーダーとして、私達を引っ張っていってくださいね☆きゅんきゅん

Y田さんによろしくお伝えください

itokeiさまへ

Y田さんが森林総合研究所関西支所(伏見)におられるときに大変お世話になりました。
筑波へ移動になる直前にお目にかかっているのですが、移動になるとはっきり教えてもらえなくて最後のご挨拶ができずじまいなので、itokeiさんからよろしくお伝えください。
(最後の別れ際に一緒に大阪行きの電車に乗ればよかったと後悔してます。)

ほんとうに、プユニの岬からは何度夕陽を見たことか。
岩尾別ユースホステルでもカマクラの中でお茶をしていました。

タオルは私もやりましたよ。 タオルが立つのに感激。
露天風呂では立ち上る湯気がそのまま雪のように降ってきたこともあって、星空を見上げながらの不思議体験でした。
野付温泉浜の湯ですけどね。

あぁ、懐かしいなぁ。

そうそう、ガールズの皆さんへご紹介しましょう。
itokeiさんこそ野生傷病救護に燃える「骨を愛する獣医さん」です。

No title

M田さん、もちろん知っていますよ!私はどちらかというと鳥獣保護センターに入り浸りだったので、夜ご飯や飲み会の際(酒の席ばかり…)の方が結構会ったような…

そしてY田さんももちろん!めちゃくちゃお世話になりました。今でも連絡取ったりしていますよ。気さくでとてもいい方ですよね。

ってもう、聞けば聞くほどつながりが出てきてしまいますね。
やっぱり?というところもあったりします(笑
野生動物関係ってホント狭いので、どこかしらにつながりは出来てしまいますね。
哺乳類学会などの学会でどうしても顔や名前をたびたび目にするというのもあるかもしれません。

知床ではじめてタオルを振り回して凍るというのを経験しました。楽しかったなあ~
スタッフのみなさんと真冬にイグルーを作って鍋をしたり
なんだか温度感覚の狂う日々でした。

itokei さんいらっしゃいませ

いや、全くどこでどうつながっているか分かったものじゃありません。
自然センターでボランティアをされていたということは、M田光輝さんも。
これでは怖くて悪いことはできないというものです(笑)

そういえば、マングースについてですが、森林総合研究所のY田文雄さんも奄美ではつながっていませんか?
(京都の伏見にいたのに筑波に移動されました。)

獣つながりは案外狭い世界なのでしょうか?

それにしても、本当に寒いときは息を吸い込むと鼻毛がチリチリと凍りつくのが分かりましたが、
あの感覚は大阪では絶対に体験できません。

ところで、このブログにコメントを書き込んでくださる「ガールズ」さんは若いお母さんたちで、
リンクのところにあるブログで心臓の勉強中なのですが、
なにわホネホネ団に興味津々だそうです。

またブログに遊びに来てくださいね(^_^)/

No title

こちらでは始めまして
すっかり知床にまた行きたくなってしましました…
動物関係(だけではないでしょうが)は本当に、びっくりするくらいにどこかしこにつながりがあって、数年ぶりに別のところからまたつながったり…多いですよ。
知り合いの知り合いは知り合いです(笑

マイナス3度で「今日は暖かいよね~」とか会話してたのが、懐かしいです…

寒いときには寒いところへ

すずさんへ
ほんとに縁は不思議なものですね。
(ななこさんの「しょーもな!」には少し大阪を感じましたが、普段はそうでもないですよね。)

ゴールデンウィークの頃の道東は、まだ残雪が少しあったのではないでしょうか。
本州とはちょっと季節が違いますよね。 日本の広さを実感できます。
でも、ほんのわずかの間に美しい緑が芽吹くし、寒いのにセミが鳴いたりするんですよ。
場所によってはうっかりすると降り積もる花粉をかぶってしまいます。

知床などは真冬(1月の終わりから2月の初め)がおすすめ。
流氷がビッチリと接岸すると一段と寒くなりますが、握っても固まらないサラサラの雪や動物たちの足跡。
自分の手の先が見えないような吹雪に真っ青な青空。
教科書で見るような雪印マークの雪の結晶。
あぁ、あげだしたらきりがない美しいものがたくさんです。
たぶん、いまでも知床岩尾別ユースホステルの食堂ホールには私の写真が飾ってあるはずなのですが、
もう何年も行っていません。
行きたいなぁ。

No title

不思議ですよねー、「縁」って。

まさかニシキさんが寒川にお住まいだった、ってのが一番驚きです!
春に思いもよらず大阪に行ったのもそもそもご縁の始まりだったのかしら。ななこさんもナニワ出身ですしね。

しかし、冬の知床って・・・めっちゃというかものすごい寒いですよね?!以前GWに道東行きましたが花は咲いてないし寒いしこちらのGWと全然違うのにびっくりしました。まだまだ「冬」だってことを知りませんでした・・。

プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。