スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部分筋断裂その後

左足ふくらはぎの部分筋断裂その後の回復過程の記録。

もうすぐ受傷2か月なのですが、やっぱりまだまだ。

今日はお世話になっているガソリンスタンドまで自転車で2往復。
測定器の修理を頼まれて持ち帰って修理。
早い方が良いだろうと大急ぎで修理して午前中にお届け。

特に上り下りの無い道程。
修理は急いだものの、自転車は急いで走ったわけではありません。
帰ってきてもどうということはなかったのですが、しばらくしたら動けなくなってしまい3時間弱のあいだダウン。やっと先ほど復活。

なんとなく分かってきたことは、歩いたり自転車に乗ったりという軽い運動でも20~30分を超える運動量には体がついて行かないということ。
受傷前は仕事でもかなりの運動量があったので身体を動かすことには慣れていたと思うのですが、ぱったりと運動量が減ってしまってその分、影響が大きいのかな。
それにしてもちょっと異常な気もするけど。

筋肉が切れたふくらはぎだけでなく全身の問題。

ふくらはぎの方は、切れた筋肉の部分が固くなっています。
切れ残った筋肉ががんばってくれていますが、切れた部分が多すぎたために、これ以上切れる事が無いように無理は禁物。
切れた筋肉が吸収されて新しい筋肉が出来るまでとなるとまだまだ相当な時間がかかりそう。
それに、しばらく靴下をはいていると左足だけゴムの食い込みがくっきりと残ってむくみがあることが分かります。
あぁ、やっぱり若くないから回復には時間がかかるんだろうなぁ。

平地をゆっくり歩いたり、階段の上りはほぼ問題なし。
でも、階段の下りはちょっと怖い。
それから、斜面はふくらはぎを伸ばしたり、力が入ることがあるので無理。
走ったりつま先立ちなんてもってのほか。
といった感じ。

それにしても、こんなに長引いて、全身に影響があるものとは思わなかった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。