スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラとカワセミとタヌキ

昨日、外の空気も吸わなければと、自転車に乗りカメラを持って鶴見緑地へ。
出かけるのが遅すぎて16時頃着。
暑くも寒くもなく、風もほとんどなくて穏やか。
うっすらと雲もあってまぶしくもない。

大阪市立自然史博物館のW田氏が、都市公園のタヌキの生息確認について
「鶴見緑地はまだ確認されていない。鶴見緑地で見つけたら、タヌタヌ団の証であるタヌキバッジをプレゼント。健闘を祈る。」(2011年10月20日付)
という宿題を出しているのも気になっていた。

タヌキの溜糞をさ探しながらカメラテストと体を慣らすことが目的。
(部分筋断裂では左足だけではなく全身への影響大なので:この件はまた別枠で)

ところで、最近のコンパクトデジタルカメラには驚かされる。
光学30倍ズーム(135サイズフィルムカメラ換算で24-720mm相当)。
最短撮影距離は2cm。
しかも、外部ストロボが接続できてマニュアルモードが有り、RAWデータも扱える。
その他諸々驚きの機能満載で、まるでデジタル一眼レフカメラみたい。
それはともかくこのカメラを使っているのは前述の機能があるから。
(「その他諸々の驚きの機能」はそれほど興味なし。)
外部ストロボをスポットメーターで測光してフィルムカメラと同じように絞りとシャッターを設定できるのでライティングを思うようにできるのが何より。
RAWデータで画像処理をすればJPEGのような画像の劣化も心配不要。
しかも価格はやっぱりコンパクトデジタルカメラ。
(画素数が1600万画素とはいっても、等倍で確認すると画質はそれなりなのが惜しいところ)

それはともかく、接写と望遠の様子はこんな感じ。

鶴見緑地のバラ(紅と白)
画像はそのままでサイズを縮小。
鶴見緑地のバラ_紅

鶴見緑地のバラ_白

同じくカワセミ
画像サイズ100%からトリミング。
夕方で逆光。20mくらいの距離かな。
目いっぱい望遠側でお任せ撮影なのにこれほど写るとは思っていなかった。
鶴見緑地のカワセミ
一眼レフカメラと高いレンズの組み合わせで写したものとは比較にならないかもしれないけれど
この条件でこれだけ写るっているというだけですごい。

そうそう、タヌキ。
溜糞を探しながら歩いたものの公園は広いので一人で短時間に確認するのは無理。
(しかもこの体だし。)
剪定や草刈りをしていた人にタヌキや溜め分の目撃情報を聞いてみたけれど「見たことない」とのこと。
リハビリを兼ねて時々通って探してみることにしようかな。

ということで45分くらいゆっくり歩いただけなのに、帰ってきたらもう何もできないほどグッタリ。
足の受傷まえの状態に戻れるのはいったいいつのことやら。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。