スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nim01-0014 I2Cモニター USB版

2014年5月3日のブログにupしたI2Cモニターは、パソコンとのインタフェースが RS-232C で、
動作にはDC5Vの別電源が必要でした。

パソコンとのインタフェースはUSBにして、電源もUSBから供給するようにしたら使い勝手は向上するだろうとは
前回の機種を作るときにも思っていたものの1年経過してやっと現物を試作。

本日はパソコン側からUSB経由のUARTとして認識できたという所まで。
ここからはソフトウェア担当の先輩にバトンタッチですが、ケース加工は後日と言うことで、
正式なご紹介は後日。

私は回路図と基板レイアウトのCADに EAGLE を使っていますが、
パターン設計はプロではないので長穴の扱いが分からず越えられない壁だったものの、
今回はmini-USB-Bコネクターを使うので避けて通れず、改めて勉強。
(面実装品のコネクターを使うという手もあったのですが、機械的強度や今後のことも考えて。)

EAGLEの日本語マニュアルと、パターン設計のプロからのアドバイスのおかげで長穴を扱えるようになりました。
長穴の扱いについても後日まとめてみようかな。

20150524_I2Cモニター USB版

20150524_I2Cモニター USB版

USBから電源を供給しますが、接続先とは電気的にアイソレーションをしています。
また、接続先のI2C電源電圧は 1.65~5.5V に対応しています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。