スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳をとると聞こえなくなるもの

人の意見を素直に聞けなくなるとかではなくて、
高い音(周波数が高い音)が聞こえなくなってくるというお話。

もともとどこまで高い音が聞こえるかは結構個人差が大きいことは体験的に知っていたし、
歳をとると高い音が聞こえにくくなるということも知識としては知っていた。

でも、実際に自分がこの年になって実感するとなるとちょっとショック。

先日のある集まりで、「歳をとると野鳥の鳴き声が聞こえなくなる。」という話を聞いた。

このところ、オーディオ信号も扱うので発振器をつないでスピーカーでテストしていたら
18kHz辺りはもしかしたら既に聞こえていないのかも。(若いころは余裕で聞こえてた。)

こんな音は自分には聞こえなくなっているということは知っておく必要がありそうと感じた次第。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

侮れない雑木林と素直に聞ける年齢

老眼の進行や、髪の毛がいつの間にか少なくなりつつあるとか・・・結構ショックです。
まだ、ブラウン管のテレビやモニターが一般的だったころ、ブラウン管から出る独特の高い音で「どっか電源切り忘れがあるんじゃない?」とすぐに気付いたものですが、若い人でもこの音が聞こえない人が結構多かったですよ。
気が付くとブラウン管製品が身の回りから無くなっていて、そんな高い音が聞こえなくなっている子に気づきませんでした。
こんなことでは、私にはヤブサメの声はもう聞こえないのかも。

ところで雑木林。
よくよく見てみると案外生き物の気配があるものですよね。
ナチュラリスト講座では、ひどい?ときには1時間かかってもほんの少ししか進んでいなかったりして屋外ではタイムキープが大変です。
それと、環境教育では「一番素直に話を聞いてくれて、スポンジのように吸収してくれるのは小学校3年生くらいまで。」という話しをよく聞きます。
4年生あたりはまだだいじょうぶかもしれませんが、5年生6年生あたりになるとなかなか難しいというのが正直なところ。
まぁ、このあたりになってくると「反抗期」っていうのと無関係ではないのかもしれませんけれど。

意外~!

知りませんでした~!自分ももう少し?年取ったら気にしてみようかな。確かに年齢による何かの症状を実感するとショックですよね(^_^;)

ナチュラリスト講座!いいですね!うちは今参加してるのは雑木林で昆虫とかですが動物も子供達に勉強してもらいたいなと思います。足跡とか棲みかとか、動物園で見るものとは違いますからね。とはいえ、私もこの年になって、ですが毎回かなり勉強になってます。
雑木林のスバラシさにびっくりです。

プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。