スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の島根県みやげ

11月初めの連休に、娘と奥様が所用で島根県へ。
そして娘から私へのお土産がこちら。

生姜糖、抹茶糖、コーヒー糖と、少しおしゃれな洋菓子(これは省略)
生姜糖 抹茶糖
コーヒー糖

生姜糖は島根県では有名なお菓子。
これは私の母方の祖母が好きだったお菓子。(私も好き。)

抹茶糖は同シリーズの抹茶味。(これも私は好き。)

なかなかチョイスが渋い。

で、主題は西八製菓のコーヒー糖。
コーヒー糖

私が子供のころ、夏休みに母方の祖母の所(島根県大社町)へ行ったときに何度か食べた記憶があるお菓子。
結構好きだった。
いやー、まだあったとは! 懐かしい!! と、ちょっと驚きながら嬉しかった。
なにより娘がこれを選んだということがうれしいやらびっくりやら。
(でも、これを選んでしまうセンスは誰に似たんだ? 私? 奥様? あ~両方か!
いやいや、もしかして私の好みを察して選んでくれた?)

母に聞いたら、母も好きだったという。
いった何年前からあるお菓子なのか??

記載されている主原料は「砂糖」と「粉末コーヒー」だけでとってもシンプル。
コーヒー糖

ちょっとでかいけどボリポリ食べるとおいしい不思議なお菓子。

確かお湯に溶かしても良いようなことが書いてあった気がするが、
子供のころ試してみて全くおいしくなかった記憶が残っていた。
これも母に確認すると全くその通りだとのこと!

なのでお湯に溶かすのはお勧めしません。
と言っても島根県以外での入手は難しいんじゃないかなぁ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

過大な期待はしないように

たんぽぽさんへ
子供の頃はそれはそれは美味しいお菓子で、いまもおいしいと思うのですが、今感じるおいしさの70%は懐かしさからのような・・・
改めて見ると砂糖とネスカフェエクセラで出来ていそう。
形を保つために砂糖には何か細工をしてありそうですが、ポリポリと食べると絶妙なのにお湯に溶かすとガッカリなお菓子です。(笑)

私も機会があれば島根のアンテナショップに行ってみたいですが、なかなか。

ところで、この手のお菓子を選んでしまう娘のセンスがちょっと心配な今日この頃。

No title

初めて知りました!コーヒー糖!!これは食べるコーヒー、っていう感じでしょうか??口に入れるにはちょっと大きいような気がしますがそのまま入れて飴のように舐める?のですか?
コーヒー好きの自分にはなんとも気になりますが・・。
こちらでは日本橋に島根のアンテナショップがあるそうですが日本橋もちょっと遠い・・・。でも機会があったら食べてみたいなと思います。

個別包装の絵が昭和でいいですね~(^O^)
プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。