スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日連続でEagleのライブラリーの部品作りで悪戦苦闘

3日連続でEagleのライブラリーの部品作りで悪戦苦闘。

回路図と基板レイアウトCADの Eagle 。
ライブラリーに部品を登録しておかないと回路図は描けない。
Ver4から使っていて、標準(?)のライブラリーはほとんど使わず(使えず)、
必要な部品はほとんどすべて自分で作ってライブラリーに登録して使用。
振り返ると、これまでにライブラリー作りにかけてきた労力は笑い事ではないけれど、
自分なりに使いやすいものになってきている。
(ライブラリーが充実している高価な有名処のCADには遠く及ばないけれど、とても手が出ないし。)
簡単な部品の登録は苦にならないけれど、ちょっと変な形や、やたらとピン数が多かったり、資料が不十分な部品はやっぱり苦痛。

この3日間。
初日は簡単な部品。寸法資料が不十分だったけれど、おそらく問題なくできたと思う。
残り2日間が悪戦苦闘。
使うかもしれないCPUボード Arduino MEGA 2560 ADK 。
(このボードを載せる基板の設計をするかもということで)
形状も回路図もEagleデーターで公開されているけれど、そのままでは使えない。
(なんでこんな回路図の書き方するかなぁ。)
結局、基板形状やらピンの位置など座標を拾い出して、回路図と照合しながら一から作ることに。
ソフト屋さんへ渡すI/O割付表も合わせて作る必要があるのに、ピン番号と信号名称がややこしい。
ゼロからCPUボードを設計することを思えばこんな苦労は知れているのだけれど、それにしても・・・

出来上がったこの部分だけを見ると簡単そうなのにね。
Arduino_MEGA_2560_ADK_top_mount

Arduino_MEGA_2560_ADK_bottom_mount

でもまぁ、苦労の甲斐はあったといえる感じに仕上がりつつあるのはちょっとうれしいかな。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。