スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MCR-4V用ケース

データロガー(マルチチャンネルレコーダー)MCR-4V 用のケースを作ってみました。

作った目的
 数か月前に自費で購入した VCR-4V 2台。
 手元に現物が来てみると、入力端子があまりに小さい。
 電線を直接入れるタイプで、しかも最大0.3sq(AWG22)までしか入らない。
 また、芯線に無理がかかると端子に入ったまま断線して使えなくなりそうで不安。
 (特に「テーブルの上」や「実験室」ではなく、「現場」では!)

 で、端子台を介して接続し、電線には無理がかからないように抑える機構を追加。
 また、樹脂ケースに収めたので機器内にポイッと放り込んでおいても安心。
 という使い勝手の向上のため。

仕様
 適合機器
  Multichannel Voltage Recorder MCR-4V (T&D)
 外形寸法
  約 205 x 108 x 52mm
 外部主要素材
  ポリプロピレン
 中継(入力)端子
  M3端子台 8P 7mmピッチ
 
MCR-4V 正面と背面
データロガー MCR-4V

MCR-4V 入力端子 
適合電線 単線:φ0.32~φ0.65mm より線:0.08~0.32sq(AWG28~22) ね。細いでしょ。
MCR-4V 入力ターミナル

ケースの内部とMCR-4Vを入れたところ
MCR-4Vとケース

ケース内のMCR-4V

ケース内のMCR-4V

ケース内のMCR-4V 横から

信号線の引出し部分(耐候性のクッションで挟み込み外部からの力と埃の侵入を軽減)
MCR-4V用ケース_信号線引出し部分

端子台部分
入力(中継)端子台周辺

ご要望があれば受注生産しますが如何です?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。