スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくりマーク !!

2013年3月17日付のブログについて
足跡クッキーの「!!」は何の足跡? 
という質問がありましたので解説。

答えは ウサギ です。

なぜあんな足跡になるかというと、
ノウサギが走る(ジャンプ)するときには、
先に着地した手(前足)よりも、後から着地する足(後足)が前方に着地します。
人間に例えると跳び箱のイメージ。
なんとなくわかってもらえたでしょうか?

(ゆっくり歩くときは前足よりも後足が後ろになることもあります。)

文字ばかりの説明では今一つ分かりにくいかもしれないので、
今から7~8年くらい前に写した写真でご説明。

ノウサギがジャンプしているところ。
ノウサギのジャンプ


着地は前足から。
その後、後足が前足の前方に着地します。
ノウサギ前足から着地
ノウサギ前足から着地
ノウサギ前足着地の後姿

雪の上に残った足跡はこちら。
ノウサギの足跡!!
画面上側から下側へ、こちらに向かっているびっくりマーク(足跡)です。
あの足跡クッキーほど後ろ足の跡は長くないですけどね。


こちらは真横から。
走って(ジャンプして)ではなく、たぶんペタペタと歩いていたところ。
ノウサギ真横から

動画ではないので今一つ分かりにくいかもしれませんが、こんな感じです。
これらの画像は大阪府枚方市で写したニホンノウサギ。
環境省モニタリングサイト1000里地(コアサイト)の試行調査で、
私が哺乳類の自動撮影を担当していた時に写したものです。

念のために。
ノウサギの目は赤くありません!!
子供向けの絵本などでウサギの目が赤く描かれていたりしますが、
普通のニホンノウサギの目は赤くありません。
黒というか暗褐色というかそんな感じ。
ここの画像で目が赤く光っているのはストロボ光が目の中で反射して「赤目」になっているから。
そう、人間が写真で赤目に写るのと同じです。
普段から赤い目をしているウサギは海外のアナウサギを家畜化、ペット化した種類で、
ニホンノウサギとは別の種類です。
(ニホンノウサギ = ◎日本野兎 X日本の兎)

おまけ。
テンやイタチを撮影するときにストロボを使うと、赤目ではなく、青白目になります(笑)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

長い足はうらやましいけど

たんぽぽさんへ
そう、ウサギの後足って前足に比べて長いので、上り坂は得意でも下り坂は前のめりになって不得意だそうです。
足が長いというのもいろいろ苦労があるんだなぁと、足の短いオッサンのひがみです(笑)
上野動物園ではパンダが見られ無かったとのこと。 残念でしたね。
私もここ5か月くらいは毎週天王寺動物園へ行っているのですが、
仕事の関係なのであれこれと見て回ることは出来ません。
でも、飼育担当さんから直接いろいろな話を聞くことができて面白いですよ。

なるほどー!

ジャンプ、ですかあ!納得です(^O^)!
こうしてうさぎさんをまじまじ見てみるとうさぎってこんなにも後ろ足が長かったのかなんて改めて思いました。
先日久しぶりに上野動物園に行ってきましたがこれはこれでなかなか楽しめました。パンダが繁殖期で観覧中止だったのが残念でしたが・・・。
プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。