スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての松葉杖

9月10日朝に昨夜の病院の整形外科へ。
受付の紙に「当日再診」と赤字でハンコがあり、
「朝一番の診察なのになんで再診?」という顔をされた。
深夜に時間外で見てもらったと事情を話して納得してもらい、
診断結果は筋肉の部分断裂。俗に言う肉離れ。
とにかく左足の安静。
骨が折れているわけではないので左足に体重をかけてもいいが、
ふくらはぎの筋肉に力が入るようなことをしてはダメ。
松葉杖は2週間から3週間は必要。
その後の回復は長引く場合があるので様子を見ましょうとのこと。

そんなわけで初めて松葉杖のお世話になることになった。
診察の後、リハビリ部門で松葉杖の使い方を教えてもらう。
単に松葉杖の使い方を教えてもらうだけではなく、
日常生活移動、交通機関の利用などについてもアドバイスがあり、
松葉杖生活未経験者に対する細かな配慮は有り難い。
正直、期待以上のアドバイスと配慮。

それにしても松葉杖の威力は絶大。
杖なしでは、半歩ずつ(正しくは1/4歩位)しか歩けず、
しかも右足や腰にかなりの負担がかかって辛かったが、
松葉杖を使うと格段に楽。
しばらくお世話になります。
スポンサーサイト

筋肉の部分断裂か

9月9日23時40分ごろ? 
仕事からの帰り、マンション2階の自宅への階段を上りきったところでヨロッ!
そのとき力が入った左足ふくらはぎに激痛が!!
足がつった(こむら返り)かと思ったが様子が違う気がする。
左足をかばいながらとにかく数m先の自宅玄関へ。

痛みをこらえながら、そのうち痛みも治まるかとおもって
とりあえずシャワーで汗を流す。
捻挫や打撲などの応急処置は「冷やすこと」なのでとりあえず
シャワーの水で左ふくらはぎを冷やしてみる。

深夜のことなので誰かに聞くよりとりあえずネットで症状から検索。
どうやら筋断裂とか肉離れとかいうたぐいのものらしい。
重症の場合はとにかく早く医療機関へという記載もあるが、
はたして、これが重症なのか軽症なのかも自分では判断がつかない。
とにかく痛い。まともに歩くことができない。
このままでは仕事に差し障る。
一晩我慢していればよくなるのか、
初期の応急手当てを誤ったら重症化したり長引いたりするのでは・・・
救急病院へすぐに行くか?
命にかかわることではなさそうなのでこんな夜中に迷惑?・・・
思考はぐるぐる巡るが、勝手な判断が悪化への原因になるかもしれない。
というわけで近くの救急病院に電話をしてみる。
「すぐ来てください。」とのこと。

病院に着いたのは10日午前1時近く。
宿直のドクターは「筋肉の部分断裂です。」と診断。
およそ3週間はふくらはぎの筋肉を縮めるような動きはだめ。
とにかく患部が痛い動きはしないこと。
10日午前中に整形外科の専門医にもう一度見てもらうことにして帰宅。

「お金がない分、体が資本。」
なのにこれは困ったことになってしまった。

とりあえず気持ちを吐き出すためと
忘備録としてブログに書いてみることにした次第。
あー痛い。

湘南の風が吹いたのか

今は大阪の東部に住んで居ますが、20代の終わりから30代にかけて住んでいた神奈川県。
JR相模線がディーゼルから電化されて切符は硬券が自動改札対応のペラペラに変わり、
自動車のナンバープレートに湘南ナンバーができた頃です。
そんな変化の少し後、縁あってたくさんの湘南の芸術家と知り合いました。
振り返ればもう十数年前のこと。
その芸術家の中の3人からこの1週間ほどの間にたて続けに便りやら電話やらの連絡が。
おかげで活躍する芸術家の元気を分けてもらえたような気がします。
それにしても不思議と集中した湘南からの連絡。
あっ、そういえば昨日湘南ナンバーの自動車を見みました。
湘南からの風が吹いたのでしょうか。
プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。