スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年末 天狗岳へ 12月30日

2時頃目が覚めたら案の定すぐ近くで大きなイビキ。
それでも早く寝たのでそこそこ睡眠時間は確保できたのは幸い。
そのまま起床予定の5時まで布団の中でうつらうつら。

5時起床で、パウンドケーキとチーズ、紅茶で朝食。
外は雲の中。気温は-14℃

201612230 黒百合ヒュッテ -14℃
[黒百合ヒュッテの温度計 -14℃]

6時 黒百合ヒュッテを出発
まだ暗い上にガスのため視界はかなり限られた状態。
他の人達は天候の様子見のようで出発は私一人。

昨夜からの風と雪で踏み跡はきれいさっぱりな状態。
中山峠を右に折れ、樹林帯を抜けて森林限界上へ出るとかなりの強風。
視界も悪いけれど、今回はGPS受信機を持ってきているのでそのまま進む。
ガスのために見通しが効かなかったことも有るけれど、強風で途中カメラを出す余裕は無かったものの
なんとか東天狗岳頂上へ


20161230 東天狗岳
[東天狗岳頂上手前]

20161230 東天狗岳 自撮り
[東天狗岳頂上でピッケルにカメラを付けて自撮り]

視界が利かず昨年はあきらめた西天狗岳へのルートは今回も全く見えないものの
GPS受信機があるので思い切って進む。
やはり踏み跡はきれいさっぱり消えているので、まっさらの雪面に足跡を付けて行く事になる。

20161230 西天狗岳
[太陽と西天狗岳頂上]

東天狗に比べて西天狗に登った回数はすくなくて、もしかしたら22~23年ぶりくらいかな。
風を遮るものが無いので休むこともできず、そのまま東天狗へ引き返す。
東天狗へ向かって少し戻ると急にガスが晴れて西天狗を振り向いたらこんな感じ。


20161230 西天狗岳を振り向く
[西天狗を振り返る]

なだらかに見える斜面は案外きつくて特に頂上手前の岩の所を越えるのに一苦労したところ。
そうこうするうちに東側のガスも切れ始めた。

20161230 西天狗岳から東天狗岳を見て
[西から見る東天狗岳]

風のため私の足跡がもう消えていた。

20161230 天狗岳鞍部 踏み跡が消えていた
[鞍部から見る東天狗岳]

東天狗岳へ戻ってくると、このころにはすっかりガスが切れて青空。
風も少し収まってきた。
GPS受信機はここで電池切れ。
16時間は持つはずだったけれど低温のため3時間にも届かず。
強風と低温のためここでの電池交換は難しく視界も開けたので、樹林帯での休憩時に電池交換することに。
ところで、そのずっと手前からボールペンのインクが低温のために出なくなっていて記録が取れなかった。

20161230 東天狗に戻って
[戻ってきた東天狗岳]

このころからチラホラと上に上がってくる人たちが増えてきた。
そしてかなりの人数が天狗の鼻に登ってしまい進めなくなっていたけれど、ここは少し下をトラバースして迂回するのが正解。

樹林帯まで戻って振り向くと東西天狗岳が見える。

20161230 天狗岳を振り向いて
[天狗岳を振り向く]


そのまま中山峠を通過して見晴らし台で休憩と天狗岳の撮影、電池交換などなど。

20161230 見晴らし台から天狗岳
[天狗岳を振り向く]

踏み跡の無い新雪を歩く事が出来て感激。
21年ぶりに米川さんにも会えたし、
降りる前に天候が回復して東西の天狗岳を写すこともできて
今回の山行は大満足。

というわけで大人しく下山。

途中、テンの足跡?を見たくらいであまり動物の気配は感じられませんでしたが
無事登山口まで戻り、そのまま渋御殿湯へチェックイン。

1泊して温泉を堪能。
スポンサーサイト

2016年末 天狗岳へ 12月29日

午前に登山口「渋の湯」から登りはじめ。
前回と全く同じコースを通る。

昨年、衰えを思い知らされたので荷物は控えめ。(前回よりもカメラ1台、三脚、サブザックを省略)
その代り、視界が効かなくても行動できるようにハンディのGPSmapを装備。

唐沢鉱泉分岐で一休みしていたら歩荷の米川さん(現黒百合ヒュッテご主人)が携帯電話で話しながら通過。
背中の荷物には正月用のしめ飾りも。(電話中だったので声をかけても気づいてもらえず。)

黒百合平の黒百合ヒュッテに到着してチェックイン(1泊+夕食)。
たまたま米川さんに受付をしてもらえて、たぶん21年ぶりの再会。
以前、冬場は毎週のように通っていた頃はまだ学生さんだったけど
すっかり山小屋の主人の貫録。
今日は降りるとのことでその前に二人で写真。
(写してくれた小屋のスタッフさんありがとうございました。)

20161229 黒百合ヒュッテ 米川さんと私
[黒百合ヒュッテのご主人 米川さんと]
(ブログへの写真の使用はもちろんご本人の許可済み)

聞いてみると、やはりスタッフの人達は入替っていて当時の人は誰もいないとのこと。

テント場には色とりどりのテント。
冬用の外張り無しのテントも有ったけど、なかにはツェルトの猛者も。
(私も昔はここで年越しでテント3泊していたけど、もう無理。)

20161229 黒百合ヒュッテ前のテント場
[テント場と黒百合ヒュッテ]

20161229 黒百合ヒュッテ 夕食
[黒百合ヒュッテの夕食]


16:30 布団の割り振り
17:30 夕食
20:30 消灯
というスケジュールで、自炊の人達はその間にそれぞれで調理。
単独行若い女の子も何人かいたりして「へー」と妙に感心したりして。
そうこうするうちに気の合った人たちはあちらこちらで話に花を咲かせていたけれど、
今回は少し距離を置いて、早々に就寝。
(とにかく昨年の三方からのイビキと寝言はたまらなかったので、早く寝て睡眠時間を確保しなければと。)

2016年末 天狗岳へ 12月28日 

仕事納めで、帰ってから車に荷物を積み込んで当日夜遅くに出発。
途中、中央道 神坂パーキングエリアで仮眠。

20年ぶりの天狗岳

八ヶ岳の黒百合ヒュッテと東天狗岳。
神奈川県に住んでいた頃、一時期12月終わりから2月終わりまで雪の季節に毎週のように通っていた。
右ひざを痛めてそれっきりになり、その後大阪に引っ越してしまって縁遠くなっていたけれど、
ここしばらく足腰の調子が良くて、これなら娘(小学6年)を雪山体験に連れて行けそう。
そして、この年齢だから行く事が出来るのはこの機会がもう最後かもしれない。
と思って娘を誘ってみたけれど振られてしまった。(娘の分の山岳保険も入ったのにね。)

で、一人で行ってみた、たぶん20年ぶりの雪山。(12月28~29日)

渋の湯から登りはじめて、
アイゼンを付けた登山靴がこれほど重かったかと思いつつ、
ホイホイ登れた山道に息が切れて衰えを思い知らされました。
(実は、登り口は解けて凍った雪でつるつるの所が多くて、このコースでは油断ならないところ。
なので無理せず最初からアイゼン使用)

渋の湯 登山口のポスト

渋の湯 登山口のポスト
(平成26年は7人も亡くなっていたらしい。)

途中での動物の痕跡は少し時間が経ってしまった不明瞭なウサギの足跡くらい。

黒百合平に着いたら無理せずに早々に黒百合ヒュッテ泊の手続き。

黒百合ヒュッテ

小さな草原部分は、シカの食害防止用のネット。
カモシカが居るのは知っていたし、何度も見ていけれど、ニホンジカが居るとは知らなかった。

ここでは小屋泊まりだけでなく、雪の中何度かテントで連泊したことがあるけど、もう無理。

16時前には黒百合ヒュッテはすっかり山影になってしまう。
私がよく行っていたおよそ20年前には大学生だった息子さんが今のヒュッテのご主人。
でも不在の様で私が知っている人は居ないみたい。
帽子に付けて行った「黒百合アルペンクラブのバッチ」は誰も気づいてくれなかったなぁ。
(バッジは先代のご主人から貰った)
黒百合アルペンクラブのバッジ

(黒百合アルペンクラブって、グーグルで検索しても引っかからない!!)

トイレも見違えるようなバイオトイレに変わっていて
あの懐かしい独特の山小屋のトイレの臭いが無い。
16:30 寝床の割り振り説明。
17:30 夕食
20:30 消灯だったかな。

黒百合ヒュッテ2Fの布団

黒百合ヒュッテの夕食

この夜、三方をいびきと寝言に囲まれて、その上暑くて睡眠時間はたぶん3時間も無い。
割増料金を払っても個室を確保したほうが良かったかと後悔。
(というより、あんなにひどいいびきやら寝言の人達が割増料金で個室に入ってくれればいいのに!)

05:00 起床して紅茶とドーナツ、チーズで朝食。
(小屋の朝食は06:00なので持参の朝食)
カメラを持って外の様子を見に行くと何もかも真っ白。ガスって見えない上に風と雪。

中山峠

中山峠

少し粘ってもガスが切れる様子もないので日の出はあきらめていったん戻り、
身支度を整えて東天狗へ向かう。
覚悟はしていたけど視界は利かず、森林限界を出ると冷たい風でまつ毛が凍る。

まつ毛も凍る

東天狗岳(2640m少々らしい)ではピッケルにつけた小さな三脚で自撮りをするのが精いっぱい。
こうして画像を見ると、眉毛も帽子も真っ白だった。 
だけど、マスクをとっても鼻毛がチリチリと凍る感触が無かったのでおそらく気温はそれほど低くなかったと思う。
(黒百合ヒュッテの温度計が-13℃だったので、山頂ではそれよりも低いことは間違いないけれど)

東天狗岳山頂

東天狗岳で自撮り

視界が効かないので西天狗岳はあきらめることに。

東天狗を下る途中ですれ違った人たちの様子を振り返ってみると、

すれ違った人たち

中山峠経由で見晴らし台へ行き、振り返って天狗岳の方を見てもやはり真っ白。

見晴らし台で

ピッケルに付けた小さな三脚はこんな感じ。

ピッケルに小型三脚を取り付けて

黒百合ヒュッテに戻って持参の紅茶とドーナツ、チョコレートで一休み。
しばらくしても雲が切れる様子が無いので下山。

かなり下ったところで青空が見えてきたのは日ごろの行いが悪いから?

で、下って渋御殿湯で一泊。
素晴らしい温泉でこちらはまたの機会に。
渋御殿湯東館_足元湧出源泉

というのが2015年最後のブログ更新でした。

それでは皆様、良い年をお迎えください。
来年もよろしくお願いします。

20160103追記
そういえば、このブログで二十数年前の東天狗岳で写した写真をupしていました。
あぁ、あのころは若かった。
二十数年前の東天狗岳山頂セルフポートレート

今年初めて聞いたセミの声

朝、5時過ぎにセミの声で目が覚めた。
今年初めて聞いたセミの声。
実家の母からは、一昨日に今年初めて聞いたとの情報。
とりあえず今年も記録。

記録を振り返ると、昨年は7月8日に我が家で初めてセミの声を聴いている。
そして、一昨年は今年と同じ7月13日。
カレンダーを見ているわけでもないのにどうしてこんなに正確なんだろうと毎度毎度思ってしまう。

それにしても寝苦しい夜。
そして朝早くからまたセミの声で起こされる日の始まり始まり。

狩猟免許の更新メモ

狩猟免許(わな猟)をとってから、猟をすることなく更新時期を迎えたペーパー猟師さんです。
(もともと野生動物の自動撮影や調査観察の基礎知識のために勉強してみたということなので。)

さて、更新の忘備録(大阪府の場合)。

更新は3年毎。

●更新の申込みの準備
指定の用紙(更新手続きの申請/医師の診断書)はwebでダウンロード・プリントアウトして使用。
わな猟の医師の診断書は何科でもOKらしい。
(銃を扱う免許についても医師の診断書に関する規定が近年緩和されたとのこと)
写真と大阪府証紙も準備。(大阪府証紙を扱っているところは限られているので要注意)

●更新の申込み(5月の連休前後だったかな?)
更新申請用紙(写真と大阪府証紙貼付)、医師の診断書、狩猟免許状を持って猟友会事務所へ持参。
その場で講習と適性検査の日程表から希望日を選択。
私は7月4日(土)を選択。

●講習と適性検査(本日)
当日は何も持たずに会場へ。
受付で更新申請書の写真と照合の上、
その「更新申請書」と「狩猟読本」という分厚いテキストを受け取って
指定の席(受け付け順)に着席。
9:30~12:30まで休憩無しで講習
 法令の説明30分
 狩猟事故の動画30分
 狩猟読本の要点説明2時間
12:40~ 適性検査
 講習を受けた部屋から検査の部屋への移動で「歩行能力」OK
 両手を握ったり開いたりして「運動能力」OK
 名前を聞かれて応えれば「聴力検査」OK
 わな猟は両目で視力検査(銃は片目毎と両目)

講習は長時間で、椅子の座り心地は良くないし、前後左右との間隔が狭いので
トイレへ行くのも気が引ける。
全くの受け身で3時間休憩なしの講習がこれほど辛い(肉体的にも精神的にも)とは!!

狩猟読本
狩猟読本

 以上、本日はここまで。

免許状の交付は7月21日から1か月間 猟友会事務所で

説明を受けて初めて知ったけど、猟友会に所属すると狩猟免許状は猟友会で保管となるらしい。
狩猟をする際には「狩猟免許状」を携帯する必要は無くて
「狩猟登録証」を身に着けていればよいので、実際に猟をする人にとっては合理的かも知れないけど
この辺が運転免許や無線従事者免許と違うところ。
私は当面実際に狩猟をする予定がないので猟友会に所属しないから免許状を引き取りにいかなければなりません。

あ~、それにしてもひたすら受け身の3時間ぶっ通しの講習は、身動き取れない狭さもあって辛かった。 

飯盛山のフクロウ 末っ子の巣立ち

今日は私の娘の運動会でした。
娘はもちろんクタクタの様でしたが、私もクタクタ。
他にやらなければならないこともあるし・・・
フクロウの巣箱は次の週末に確認に行ければいいかなと思っていましたが、
なんだか「もしかして」とか、「今日行かないとものすごく後悔しそう」という気がして・・・

ヘロヘロな体にムチ打って巣箱を見に行くと、

20150531_フクロウ_末っ子の巣立ち

という具合に上に出てる!!
あまり刺激して落ちたりしたら困るので巣箱の中は確認していませんが
おそらく末っ子が出てきたに違いありません。
(先に巣立った子が戻ってくるとは考えにくいし。)

20150531_フクロウ_末っ子の巣立ち

20150531_フクロウ_末っ子の巣立ち

というわけでどうやら末っ子が本日巣立ち。
4羽すべてが巣立ちをしたようです。

娘が運動会で頑張る姿を見る事が出来たし、
フクロウの末っ子の巣立ちも見る事が出来たしとっても良い日になりました。

飯盛山のフクロウ 巣箱にはあと1羽

巣箱の様子を確認すると、残っているのは一羽だけ。
先週の画像と比較すると、末っ子が先に巣立って上の子が残っているのかと
思えてしまうほどの成長の速さ。
ほんの2週間前とは見違えるようです。

棒の先端に付けたカメラを巣箱の上に差し掛けると「カチカチ」と、
くちばしを鳴らして威嚇しているのが下まで聞こえました。

やはり先に巣立ったヒナの姿を見つけることは出来ませんでした。
親鳥の声も今日は聞こえませんでしたが、
この子は元気そうなので間もなく巣立ちでしょうね。

来週は空になった巣箱を確認する事が出来そうです。

20150530_フクロウ

20150530_フクロウ

20150530_巣箱


飯盛山のフクロウ 残り2羽

先週の標識調査でのT川さんの見立ては1~2週間程度で巣立ちが始まるとのこと。
雲行きが怪しいので本日は午前中に巣箱の様子を確認に。

先週の作業で巣箱の位置が動いたようで、撮影の難易度が上がった!!

なんとか中を写したら残っているのは2羽。
ということは、既に2羽が巣立った様子。
20150523_フクロウ_巣箱の様子_残り2羽

フクロウのヒナは飛べないうちに巣立ちをするので
近くに居るはずなのですが周りを見回しても見つけられず。

小さい方が末っ子だとすると、この1週間でいきなりしっかりしてきた様子で
これなら4羽全部が巣立ってくれそう。

そうこうするうちに親鳥が怒っている声が聞こえてきたのでさっさと退散。
(T川さんは先々週、別の巣箱の確認中に親鳥に後ろから襲われて血だらけになったそうです。)


来週も都合がつけば確認に行きたいところです。

飯盛山のフクロウ 4兄弟(姉妹?)  標識調査

今年は卵が4個生まれたフクロウ。
環境省の鳥類標識調査(体の大きさや体重を計ったり足環をつける)をするということで同行。

先週、3羽はヒナを確認できたものの、4羽目が居るのか居ないのか重なり合って分からなかったけれど、
今日は標識調査のために、ヒナを一旦巣箱から取り出すので確実に何羽いるかわかるはずとワクワク。

バンダー(認定を受けている標識調査員)さんが巣箱からヒナを取り出して計測と足環の取り付けをしました。
20150517_フクロウとバンダーさん


で、全部で4羽。T川さんも「4羽はめったに無い。」とのこと。
20150517_フクロウ4兄弟

孵化に時差があるので育ち方がだいぶ違います。
何だか弱々しい末っ子。
20150517_フクロウ_末っ子

先に孵化した子は体が大きい分強いので、末っ子はきっと餌をもらうのに苦労しているはず。
なんとかみんな巣立ってほしいところです。

T川さんの見立てでは来週から再来週には上の子が巣立つだろうとのことです。



おまけ
巣箱がかかっている木は結構な斜面。
作業中に落ちた金具を斜面で探しているときに足を滑らせて背中から転落。
斜面で背中を思いっきり打ち、後頭部も打って後ろへ一回転。
少しの間声が出せませんでした。
落ち葉で地面が柔らかく、落ちたところに木や竹の切り株が無かったのが幸い。
足を滑らせてズルズルということは有っても、こんな落ち方は初めて。
冷や汗が出ました。
今になって胸が痛い。(打ったのは背中と後頭部なのに)
明日は打ち身であちこち痛くなるんだろうなぁ。
プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。