スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

献血の動機 / なかなかやるなぁ日本赤十字社

「血液が足りないから来てね。」
と献血協力要請のメールが来ていたので、大阪まで出るついでに献血ルームへ。

京橋の献血ルームが無くなってからは大阪駅近くの献血ルームを利用しているけれど、
前回はあまりの人数の多さに諦めて、わざわざ移動して大阪駅前に出ていた献血バスを利用した。

さて、今回は土曜日の昼前で待ち時間はほんの数分。
(採血担当の看護師さんの話によると、昼前後が一番すいているらしい。)
いつものごとく、毎回何かが変わっていて、今回は受け付けがペーパーレス。
希望する人には生体認証の登録もできるようになっていた。

献血カード

さてさて、そんなことよりも問診室の様子も少し変わったようで、
妙なカラクリ扉というような不思議な開き方をするドアになっていてまずびっくり。

そして問診室に入ってさらにびっくりしたのが担当医師。
若くてかわいらしい癒し系女子。(見た目も話し方もですよ)
そんな若い女の子と狭い個室で二人っきりだから少しドキドキしつつもホンワカ癒されてきました。

献血カウントは55回になるけれど、こんな問診担当医は初めて。
これまでは「おじいさん」医師ばかりで、1回くらい「おばさん」医師に当たったかもしれないなぁ
という感じなのでそれはそれは驚いた。

若者の献血者数が伸びないということで、FM放送でも「Love in Action」なんて献血の広報活動をしているけれど
もしかして献血協力者数増加のための人事?

だとするとなかなかやるなぁ日本赤十字社!

そういえば、前回の大阪駅前で利用した献血バスは、
呼び込みに浴衣姿の若い女の子がずらりと並んでいたなぁ・・・

日本赤十字社がそういう方針であるならば、献血の楽しみが増えたというもの。
(という私の心の中の声は奥様と娘には内緒。)

いやいや、お金がない分、体を張った社会貢献なのだから。(ということにしておこう)
スポンサーサイト

歳をとると聞こえなくなるものの続き/SN比


高い音が聞こえなくなる理由

●高域の感度低下
高い周波数の音に対して感度が低下するために聞こえなくなるということ。
これはそのままで分かり易い話。

●SN比
SN比とは 信号(Signal) と 雑音(Noise) の比率。
聞こうとする音(信号)に対して不要な雑音が大きいと、
聞こうとする音が雑音に埋もれて聞き取れないということになってしまいます。

さて、私の場合。
2週間から10日くらい前に、高い音の耳鳴りがしていることに気がついた。
キーンと連続音。
一時的なものかと思ったらずっと続いていて、時折忘れたりもするけれど、気がつくとやっぱり連続音。

私が高音を聞き取りにくくなっている原因の一つかも。

まぁ、いつから耳鳴りがしているのかという覚書きと言うことでブログアップ。

歳をとると聞こえなくなるもの

人の意見を素直に聞けなくなるとかではなくて、
高い音(周波数が高い音)が聞こえなくなってくるというお話。

もともとどこまで高い音が聞こえるかは結構個人差が大きいことは体験的に知っていたし、
歳をとると高い音が聞こえにくくなるということも知識としては知っていた。

でも、実際に自分がこの年になって実感するとなるとちょっとショック。

先日のある集まりで、「歳をとると野鳥の鳴き声が聞こえなくなる。」という話を聞いた。

このところ、オーディオ信号も扱うので発振器をつないでスピーカーでテストしていたら
18kHz辺りはもしかしたら既に聞こえていないのかも。(若いころは余裕で聞こえてた。)

こんな音は自分には聞こえなくなっているということは知っておく必要がありそうと感じた次第。

娘が作ったクリーム

娘が作ったからと、クリームをくれた。
材料は、蜜蝋、ホホバオイル、・・・
何やらハーブの名前を聞いた様だけれど覚えられなかった。

娘が作ったクリーム_20140211

娘が作ったクリーム_20140211

娘が作ったクリーム_20140211

ちょうど唇が荒れていたので現在使用中。
大切に使わせていただきます。
(ブログアップ2月14日)

歯の治療はあと1回で済みそう

ちょうど1週間前に歯科医院見てもらい、経過を見ながら本日、治療内容が決定。
神経を残す事が出来たので、本日型採り、次回、詰め物をして完了という最短コース。
神経を残す事が出来なければ最低7回の通院と言うことになるところだったので不幸中の幸い。

年内に終わる予定なので少し気が楽になった。
(次回は最終的な詰め物をするのでお財布が軽くなるのだけれど。)

けんけつちゃん

メールで「血液が不足していますので・・・」と、献血の要請が来ていた。
今日はちょうど献血ルームの近くを通るし、少し時間に余裕がある。
というわけで久しぶり(1年2か月ぶり)の献血。
お金が無い分は体を張って社会貢献だ!
(検査結果は健康診断代わりにもなるしね。)

たまにしか行かないので仕方がないけれども、行くたびにいろいろと変化がある。
検査採血の前に腕の検査。(こんなの前回は無かったのでオロオロ。)
それにしても受付から採血までハイテク機器がてんこ盛り。
しかも結構機器の入れ替わりがあるみたいだから使う職員さん看護士さんたちも大変だろうなぁ。

終了後、抹茶にお茶菓子のサービスはうれしかったけれど、
けんけつちゃんをもらってしまった。

けんけつちゃん

けんけつちゃん

プロフィールには
 好きな言葉 「ちょっとチクッとしますよ。」
と書いてある。

う~ん。
これはどうしたものかなぁ。

20131003追記
おかげさまで「けんけつちゃん」は、
今夜のボランティアの集まりの際に
熱烈な阪神ファンに引き取って頂きました。

約7か月ぶりのジョギング

左ふくらはぎの筋部分断裂からおよそ7か月と少し。
あれ以来初めてのジョギングを約30分。

運動不足や寝不足、仕事の忙しさやらでシャッキリしない体に心地良い疲労。

やっぱり全身に血を巡らせることは大事なのかも。

サボっていたブログ。
読むのも書くのも少しずつ再開しようと思います。

ジョギングシューズ部分


画像はジョギングシューズの一部分。

おすすめハンドクリーム

水を使う前にぬるバリアクリーム

もう20年来冬季には指先パックリ割れを繰り返している私。
このハンドクリームを使うようになって2年目ですが格段に手荒れが軽くなりました。

この冬は塗るのをさぼっていたらてきめんにひび割れてしまいましたが、
昨冬は1日2回欠かさず塗っていたら全く手荒れ知らずでした。

薬用プロモハンド


なんだかおすすめグッズが続いてますが、
リクエストがありましたのでご紹介。

「水を使う前にぬるバリアクリーム」
「薬用プロモハンド」
「近江兄弟社メンターム薬用プロモハンドC」

どれなんだー!
どれがホントの名前なんだー!!
と言いたくなりますが、一つのパッケージに三つも名前が書いてありました(笑)

近江兄弟社発売のハンドクリームです。

臭いも無く、乾けばべたつきもありません。

乾いた手に塗って、クリームが乾くまで数分間水に触れないことが重要。
乾いたら2度塗りすると完璧です。
昨冬は1日2回塗ってました。
(この冬はサボって塗らない日が多かったのでパックリしてしまいました。)

油汚れ(昨シーズンは油やグリスで手が真っ黒になることも)も石鹸で洗ったら結構落ちやすいです。

近所の薬店に置いてあったのが無くなってしまって今期はamazonで取り寄せしました。
くずかごに捨てていたパッケージを拾い出してもう一度チューブを収めて撮影しましたよ(笑)

ハクキンカイロと合わせてどうぞ(笑)

あっ、アフェイリエイトとかじゃありませんから。

20130817追記
どうやらメーカーさんが製造を中止してしまった様子。
近所の薬店や通販でも入手困難になってしまいました。
気に入っていたのに残念。

部分筋断裂その後

左足ふくらはぎの部分筋断裂その後の回復過程の記録。

もうすぐ受傷2か月なのですが、やっぱりまだまだ。

今日はお世話になっているガソリンスタンドまで自転車で2往復。
測定器の修理を頼まれて持ち帰って修理。
早い方が良いだろうと大急ぎで修理して午前中にお届け。

特に上り下りの無い道程。
修理は急いだものの、自転車は急いで走ったわけではありません。
帰ってきてもどうということはなかったのですが、しばらくしたら動けなくなってしまい3時間弱のあいだダウン。やっと先ほど復活。

なんとなく分かってきたことは、歩いたり自転車に乗ったりという軽い運動でも20~30分を超える運動量には体がついて行かないということ。
受傷前は仕事でもかなりの運動量があったので身体を動かすことには慣れていたと思うのですが、ぱったりと運動量が減ってしまってその分、影響が大きいのかな。
それにしてもちょっと異常な気もするけど。

筋肉が切れたふくらはぎだけでなく全身の問題。

ふくらはぎの方は、切れた筋肉の部分が固くなっています。
切れ残った筋肉ががんばってくれていますが、切れた部分が多すぎたために、これ以上切れる事が無いように無理は禁物。
切れた筋肉が吸収されて新しい筋肉が出来るまでとなるとまだまだ相当な時間がかかりそう。
それに、しばらく靴下をはいていると左足だけゴムの食い込みがくっきりと残ってむくみがあることが分かります。
あぁ、やっぱり若くないから回復には時間がかかるんだろうなぁ。

平地をゆっくり歩いたり、階段の上りはほぼ問題なし。
でも、階段の下りはちょっと怖い。
それから、斜面はふくらはぎを伸ばしたり、力が入ることがあるので無理。
走ったりつま先立ちなんてもってのほか。
といった感じ。

それにしても、こんなに長引いて、全身に影響があるものとは思わなかった。

部分筋断裂その後

明日で松葉杖卒業1週間。
少し歩いてもすごく疲れる。
ほとんど平地だし、それほど距離は歩いていないので大したことはないと思っていたのに、気付いたらグッタリ。
そして、結構慎重に足運びをしているつもりだったのに、今日はまた左足ふくらはぎに痛みが走った。
大した痛みではないけれど、残っている筋肉がまた少し切れたのではという不安に襲われる。
まだまだ大人しくしていなさいということなのかもしれません。
プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。