FC2ブログ

飯盛山のウラシマソウ

仕事先から「連休は無いと思ってほしい」と言われていたのだけれど数日出ただけでモノが届かないため作業が出来ず、
あきらめていた連休の後半が突然降ってきたような状態。

片付ものでもしようかと思っていたものの、天気も良いので体を動かすために毎日地元大東市の低山「飯盛山」へ行くことに。

まずはフクロウの巣箱観察の帰りにたまたま知り合ったN尾さん(大阪の地震と津波の歴史や、大阪城築城の際に飯盛山から切り出された石について研究している人)を案内して、昨年の台風で荒れた道を鉈と鋸で払いながら「おんばふところ」経由「くろま池」までの道案内。その際に「京極丹後の守」の印と言われる「丹」の文字が刻まれた「矢穴石」を教えてもらった。
鉈と鋸を少し使っただけで翌日以降は全身筋肉痛。

別の日、早朝に山へ向かっているとN畑さんとバッタリ。
毎年フクロウの営巣の様子を楽しみにしておられる地元の人で、メールでのやり取りは有るものの顔を見るのは久しぶり。
昨年に続いて今年もフクロウは残念、また来年に期待しましょうと少し立ち話。
この日は、JR野崎駅、宝塔神社から堂山古墳、寺川新池、くろま池、桜池、飯盛山山頂、御机神社、四条畷神社経由でJR四条畷駅のコースで途中、初めて通った道も有り。

更に別の日、飯盛山からの下山は急な坂を避けて少し遠回りで御机神社方向へ下っていたら、標識にJR四条畷駅とJR忍ケ丘駅までの距離が大差ないように表示されていたのではじめて忍ケ丘駅まで歩いてみた。
途中から案内の標識が無くなり、道も入り組んで分かりにくくてGPS端末を持ってなかったらグルグル迷っていたかも。
まあ、分水橋とかちょっと珍しいものが見られてよかったけど。

で、最終日、御机神社に近い道端にウラシマソウを見つけていたので改めて撮影。
正直なところ、この手の植物は全部マムシグサだと思い込んでましたが、改めて調べて見たらナンテンショウの仲間でウラシマソウ。浦島太郎の釣竿と釣り糸をイメージさせるひょろりと伸びた細いひも状のモノから名前が付けられたとか。
(マムシグサには釣竿、釣り糸状のモノが無い)
日陰気味で湿気の多いところを好むらしく、見た目の形も色もちょっと不気味。
花も独特だけれど、根元から別口で葉(細長い葉が鳥の足のように開いている)が出ているのも独特。
また、不気味さを補強するように「毒」も持っているとのこと。
飯盛山では初めて見たかも。
種が出来たところも撮影したいけれど、熟すと赤くなって目立つので残っていてくれるかなぁ。

ウラシマソウ

ウラシマソウ

ウラシマソウ_花の中

ウラシマソウ_後姿
「飯盛山のウラシマソウ」(1枚目毛虫が居るのがウラシマソウの葉)

飯盛山のフクロウ

3月末に抱卵を確認できて喜んでいましたが、
今年の連休は仕事でつぶれる可能性があったことと、時間が取れたので
少し早いかとも思いましたが4月21日に見に行ってきました。

可愛いヒナの姿が写るかと棒の先に付けたカメラで巣箱を写してみると
中身は空っぽ。

20190421_a卵が無い
「巣箱の中が空っぽ」


前回様子を見に行ったことで親鳥が巣を放棄したなら
卵、または卵の殻くらいは残っていても良さそうですが
それらしいものは見当たりません。

もしかして捕食者に襲われた?

とにかく残念。

飯盛山のフクロウ

大阪府大東市の飯盛山のふもとにあるフクロウの巣箱。
今年で何年目だったのだろう?

昨年は巣箱で親鳥が抱卵していたので期待していたところ、
T川さんから巣箱が空になっている旨の連絡があり、残念な結果に。

なので今年の営巣、ヒナの巣立ちを期待していました。

3月30日、地元のN畑さんから、今年のフクロウの様子はどうかと問合せ。
連休に見に行けばよいかと思っていましたが、地元からの要望でもあり
翌、31日に確認に行ったところ、巣箱から親鳥が飛び出して、
巣箱の中には卵が2個。
今年も抱卵していてくれました。

20190331_a撮影失敗ss
「撮影失敗」:棒の先につけたカメラで間抜けな自分が写ってしまう。


20190331_b卵2個
「卵2個」


20190331_c台風で折れた周辺
「台風の爪痕」:昨年の台風で巣箱の周りでも太い枝が折れていた。

昨年の台風による倒木で近づくのに一苦労でしたが、ヒナが育ってくれるのが楽しみです。

2018年末 八ヶ岳の天狗岳へ

4年連続で年末の八ヶ岳(天狗岳)へ

年に一度だけ、森林限界を超えての雪山歩き。

前年は登りはじめる前に登山口で1泊とちょっと余裕の日程でしたが、
今回はそれ以前と同様に大阪を夜に出て、中央道のパーキングエリアで3時間ほど仮眠して何時もの通り渋の湯登山口で登山届を提出し、
12月27日朝から登りはじめて黒百合ヒュッテで1泊。

翌12月28日06:00黒百合ヒュッテ(気温-16℃)を出て東天狗岳経由で西天狗岳を往復して黒百合ヒュッテから渋の湯へ下山。
まぁ、とにかく真っ白でながめも今一つ。
GPS端末を持ってなかったら西天狗岳は行かなかったかも。
朝一番で出発したので踏み跡が消えた雪面を歩くのは気持ちよかったけれど。

20181228_黒百合ヒュッテ-16度
(28日06:00出発 黒百合ヒュッテの温度計は -16℃)


20181228_中山峠
(中山峠経由 まだ真っ暗)


20181228_東天狗岳山頂
(東天狗岳山頂で自撮り/ピッケルに付ける三脚を忘れてカメラを手持ち)


20181228_西天狗岳山頂
(西天狗岳山頂で自撮り)


20181228_天狗岳東西間
(西天狗岳と東天狗岳の間/ずっとこんな白い世界)


下山時に黒百合ヒュッテのご主人にすれ違ってちょっとだけごあいさつ。(歩荷中だったのであまり長話も出来ないしね。)

下山後は渋御殿湯の素敵な温泉三昧でした。


20181229_渋御殿湯東館b

20181229_渋御殿湯東館a
(渋御殿湯東館のお風呂/宿泊者限定のお風呂/源泉真上で底から気泡が出てる。)

渋御殿湯の奥さんのお話ではマナーの悪い登山者が多いらしく「登山は免許制にすればいいのに」とのこと。
いろいろ聞いたところごもっともと思いました。


ところで私はいい年になってきていますが、あと何回登れるかなぁ。

飯盛山のフクロウ 巣箱に居た

飯盛山のすそ野に設置してある巣箱。
そういえば昨年、一昨年はブログに何もアップしていなくて、はて、どうだったっけ?

温かくなってきたことと、たまたまついでの都合がついたので少し足を延ばして見に行ってみた。

周辺はこれまでに無くイノシシに荒らされて、トラバース(斜面に対して水平移動)する山道が崩されて歩きにくかった。
その上、巣箱がある木の根元には大きなフンが!!
サイズと形状、周辺の状況からおそらくイノシシの落とし物。
それも比較的フレッシュ!
(匂いもね)

たぶんイノシシのフン
「イノシシのフン?」

飯盛山ではイノシシの足跡やヌタ場を見ることは多かったけれど
これほどフレッシュなフンは初めて見た。
まわりがこんな様子ではフクロウも落ち着かないかも?

誰かが立てていた竹の杭も無くなっていたし、なんとなく巣箱は空っぽかなと思いながら
長い棒の先に付けたカメラで撮影してみたら視線を向けるフクロウさん。


巣箱の中のフクロウ
「巣箱の中のフクロウさん」

これまでの個体はカメラで撮影したら飛び出していった
(神経質な子は木の下でカメラの準備をしている間に飛び出してた)
けれど、この子は出ていく様子が無い。

出て行かないので卵があるかどうかも確認できなかったけれど、
あまりいやな思いをさせて巣を放棄させることになっては気の毒なので
早々に退散。
しばらくはそっとしときます。

追記
その後、T川さんが4月14日に確認したところどうやら巣箱の中は空っぽで営巣失敗または放棄したらしいとの連絡有。残念。
プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: