FC2ブログ

飯盛山のフクロウの巣立ち

4月の初めに卵を確認して以来都合がつかず確認できませんでしたが、
今日は本当に久しぶりの休みになったのでフクロウの巣箱を見に行ってきました。
(地元N畑さんからの催促も有りましたし。)

巣箱までの道はドンドン荒れていく一方。

親鳥に襲われた時のために帽子のツバを後ろにかぶり棒の先端に付けたカメラで巣箱の中を撮影。
巣箱の中は空。

巣箱の近くの太い枝の上にモコモコしたものがあると思ったら巣立ったフクロウのヒナでした。
20200517_宝塔神社_フクロウと巣箱 [フクロウのヒナと巣箱]

20200517_宝塔神社_フクロウs [フクロウのヒナ]

20200517_宝塔神社_フクロウcs [フクロウのヒナのお尻はモコモコ]

何年かぶりにここでの巣立ちを確認できて一安心。

じっとしているように見えてもフクロウのヒナはこちらを見ていて、場所を変えても顔をこちらに向けてくる。

今年は赤いカミキリムシ(ベニカミキリ?)がやたらと目についた。
20200517_赤いカミキリムシ [ベニカミキリかな?]

20200518 追記
T川さんからの情報を追加。
5月6日標識調査(環境省の調査で体重やサイズを測定したり、足環をつけたりする)を実施したそうで、その際にはヒナが2羽だったとのこと。 卵が2個だったのでどちらもふかしてくれたようです。

飯盛山のフクロウ

地元N畑さんから今年のフクロウの巣箱の様子はどうかとの問合せあり。

仕事や天候やらでなかなか確認に行けませんでしたが、
土曜の仕事を無理やり早めに終わって何とか18時直前に巣箱の様子を見に行ってきました。

巣箱には今年も卵が有りました。2個です。

20200405 フクロウのたまご
けれど親鳥は見当たらず、上空には怖いくらいの数のカラスが集まって鳴きながら飛んでいました。

夜にパソコンを立ち上げて、画像を保存しようと思ったらT川さんから、今日巣箱の様子を見てきたとメール。
どおりで新しい踏み跡があったわけです。

巣箱までの道は年々荒れて通りにくくなり、巣箱の位置も少しずつずれて中を確認するのが難しくなってきました。

一昨年、昨年と続けて卵がいつの間にか無くなっていましたが、今年は無事にヒナが巣立ってくれることを願っています。

大阪平野 雲海

2020年2月15日
土曜の朝 5:30過ぎ、足慣らしに大阪東部にある飯盛山(314m)へ行こうと外へ出ると何やら霞んでいた。

この辺りでは珍しく濃霧。
最寄駅のJR鴻池新田まで行き、野崎駅へ。
野崎駅から野崎観音まで歩くと急に霧が晴れてきた。
で、いつものように野崎観音の鐘つき堂横から飯盛山へ。

7:00前に頂上に着いてみたら大阪平野一面に雲海。
これが霧の正体だった。
20200215_大阪平野雲海_飯盛山展望台
(飯盛山山頂少北側の展望台から 大阪平野の雲海)
(カメラの画角が狭いので3枚の画像をパノラマに合成)

でも、よく見ると山際だけは霧がない。
20200215_山際だけ霧無し
(山際だけ霧が無い)

戻ってきて野崎観音裏手の野崎城址から見たら少し薄くなったもののまだ雲海状態。
20200215_飯盛城址から見た大阪平野
(野崎城址から見た大阪平野の雲海)

こんな大阪平野の景色は初めて見たので画像をupでした。

覚え書き。
既に山頂付近で紅梅、白梅の花が見られる。
1週間前には今年はじめてウグイスの声を聞いた。

ナチュラリスト入門講座 公開講座のご案内

公益社団法人 大阪自然環境保全協会 のナチュラリスト入門講座。
現在、第44期(2019年度)の講座開催中ですが、受講生だけでなく
一般の聴講も可能な一般公開講座も有ります。

2月21日(金)18:30~ (大阪市福島区民センター301会議室)
「日本列島三万五千年」★受講料1000円
  講師 辻野 亮さん(奈良教育大)
野生動物とヒト、環境のかかわりを有史以来、現在まで大総覧します!
改めて自然の来し方を見つめ直し、行く末を考えましょう。

3月26日(木)19:00~  (大阪自然環境保全協会事務所)
「最新シカ報告」★受講料無料
  講師 幸田 良介さん(大阪府立環境農林総合研究所)
大阪府のシカと森林の最新情報をモニタリング調査の結果などから紹介します。
トピックスも満載!
以下、既に終了している公開講座も有りますが、パンフレットをご覧ください。
2019年度_N公開講座

公益社団法人 大阪自然環境保全協会のホームページのリンク先はこちらです。
公益社団法人 大阪自然環境保全協会 top
ナチュラリスト入門講座

八方台分岐西側コースの大きな足跡

27日は荒天と新雪(深雪)で登頂できなかった天狗岳。
28日は八方台分岐まで登り直し、そこから西へ下って渋御殿湯へ戻るコース。
今日はどんどんと登山者が来ていて、登山口の登山届ポストには指導員さん?が居た。
ここに人が詰めているのは初めて見た。
今から登って、黒百合ヒュッテで1泊して、明日天狗岳に向かえば雪も締まって頂上にも行けるかもと思いながら・・・

さて、27日の下山時に分岐点で様子を見たけれど踏み跡は全く無し。
昨年渋御殿湯のお兄さんに教えてもらって一度歩いたコースなのと、GPS端末を持っているので単独行でも道に不安は無かった。
昨日と変わって、木立の間からは青空が見え、動物の足跡もちらほら。
IMGP1329_木立から見上げる青空s
(木立から見上げる青空)

そんな中、ひときわ目を引く大きな足跡。
IMGP1344_大きな足跡s
(大きな足跡)

IMGP1345_大きな足跡s
(大きな足跡)

IMGP1346_大きな足跡s
(大きな足跡)


IMGP1348_大きな足跡s
(大きな足跡)

私の足と比べるとその大きさが分かる。
足跡の配置はノウサギのそれと似てるけれど、形と大きさが違いすぎる。
足跡の先は低い枝をくぐっているので体高はそれほど高くは無いはず。
それなのにこの足の大きさでこの辺りに居る動物が思い浮かばない。
タヌキの足跡と比べると一体どれくらい大きな動物なのだろう。

IMGP1357_タヌキの足跡s
(タヌキの足跡/図鑑に載っているようなきれいな形)

昨年に比べてノウサギの足跡が少なく、タヌキらしい足跡は登山道を迷わずずっと歩いて行った跡が印象的だった。
そういえば一昨日、昨年に続いて登りの途中でリスの姿も見た。

アイゼンとピッケルが要る山歩きも良いけれど、こんな森の中で新雪を踏みしめてを歩くのも楽しい。

来年は、渋御殿湯のお兄さんに今回教えてもらった冷山のコースにも行ってみたいなぁ。
プロフィール

オフィス・ニシキ

Author:オフィス・ニシキ
大阪府在住
個人事業者
ブログもホームページも初心者です。
サイトはこちら
site_of_nishiki
プロジェクトワイルド・エデュケーター
2級カラーコーディネーター
危険物取扱者(乙種全類)
狩猟免許(わな猟)
第二種電気工事士
野崎・飯盛の山と緑を保全する会:会員
公益社団法人大阪自然環境保全協会:会員(NOB27)

FC2カウンター
2011年8月からのアクセス累計
FC2オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: